株主優待券を持っているとどんなメリットがあるのか【mbahn】

通常で航空チケットを購入するより株主優待券を利用した方がお得になるんです。 - 株主優待券を賢く使ってお得に飛行機に乗ろう

株主優待券を賢く使ってお得に飛行機に乗ろう

MP900382680仕事で飛行機を使う機会が多いのですが、当然経費なのであまり金額のことは気にして搭乗することはありません。
もちろん会社としても経費節約をしたいということもあり割引などを利用するように言われます。
中でも航空チケット株主優待券を利用するといいことばかりです。
まず、運賃は半額になります。
時期に関わらず繁忙時期で割引サービスが無かったとしても半額適用となります。
支払いも通常であれば3日ほど前までにしなければならないのですが、ANA・JAL株主優待券買取ならACチケットの場合ですと、当日まで支払いの猶予があります。
私個人的にもこれが1番メリットが大きいなと思うのは、キャンセル料が発生しないという点です。
旅行などの行きの場合は、ある程度予定も立ててますから、前もって割り引きされた料金プランのものを選択していくことが可能ですが、帰りは計画通りというわけにもいきませんから、帰るのを延期しようとしてキャンセルしても問題ないわけです。
Planes on Flight Deck of Aircraft Carrierデメリットとしては、もともとが安いプランのもので株主優待券を使うと赤字になる場合もあります。
そういう場合は株主優待券を利用せず、安い料金のものを選んで利用するのがいいと思います。
先ほどもいいましたが、繁忙期などの割引サービスを行っていない時期に利用したり、割引サービスのない路線で利用するのがいいと思います。
JALですと事前座席指定というものができます。
飛行機をかなり頻繁に使っているユーザー、ANAで言うスーパーフライヤーズ会員と呼ばれる人だと、専用カウンターがあるので有人カウンターで並ぶということもありません。
児童チェックイン機でも可能ですが、繁忙時にはどうしても人が並んでしまうので、ヘビーユーザーの人にとってはいいのかもしれないです。
話が少し飛びますが国内線旅客施設料や特別着陸料、この2つの利用料金には割引はききません。
それでも年間通じて利用可能で、普通運賃の半額で搭乗できるという点を踏まえると、やはり魅力的なものであるということには間違いないと思います。
スカイマークは料金自体が安いので、いつでも株主優待券を利用するという考えよりは、路線によって、料金プランによって併用するのが1番いいのではないかと思います。
株主優待券は株主に送られてくるものではありますが、金券ショップやオークションなんかでも入手することは可能です。
私も個人的に利用する場合はネットで調べてみたりしていますが、意外とこの方法を知らずにそのままの料金で搭乗してしまってる人が多いようです。

更新情報

ページ上に戻る